HOPE LifeMark-MX
富士通 電子カルテシステム

富士通 電子カルテシステム HOPE LifeMark-MXとは

高機能・使いやすさ・導入のしやすさを兼ね備えた富士通の中規模病院向け電子カルテシステムです。従来の中規模病院様向けに最適化された、HOPE EGMAIN-LXのシンプルな操作性はそのままに導入実績No.1の実績から蓄積されたノウハウを継承し、短期導入と安定品質を実現すべくノンカスタマイズ型のパッケージ製品としてご提供いたします。また、サーバの仮想化技術の採用、新たな機能追加、他システムとのシームレスな連携機能など病院様のニーズに柔軟に対応したシステムとなっています。

  1. 病院市場No.1の電子カルテの操作性の継承と
    業務効率化を実現した先進機能
  2. 蓄積された情報の利活用
  3. トータルコスト削減を意識したシステム構成への転換
  4. 地域包括ケアシステムの実現に向けた密な施設間連携

病院市場№1の電子カルテの操作性の継承と業務効率化を実現した先進機能

富士通の電子カルテシステムは、常に最新機能をご活用いただける成長型のシステムです。システム稼働後も、常にシステムを評価し、機能追加、強化、改善を実施しております。

病院から寄せられた声をもとに、成長し続けるシステムとなります。
移り変わる医療動向にも柔軟に対応することが可能です。

メンテナンス契約の範囲内にて常に最新の機能をご利用いただけます。

蓄積された情報の利活用

電子カルテに蓄積された医療情報データをリアルタイムに活用できる機能をご提供することにより、研究・教育などを目的としたデータ集計や統計業務の効率化をご支援いたします。

トータルコスト削減を意識したシステム構成への転換

サーバ仮想化技術を採用することにより、仮想化のメリットであるサーバ設置スペースの削減と電気代の抑制などによるトータルコストの削減を実現いたします。

地域包括ケアシステムの実現に向けた密な施設間連携

「医療・介護・健康分野」におけるICT化や地域における一貫した医療体制の整備が求められている中で、富士通の電子カルテシステムでは、地域連携システム(HumanBridge)と連携することにより、広域・複数法人間のネットワークを実現いたします。

  • 電話電話
  • お問い合わせフォーム

関連製品情報

医療事務システム

富士通 医療事務システム

安定した経営における収入基盤を支えると同時に患者様の窓口である事務部門の作業効率化を支援する医療事務システムです。

  • 電話電話
  • お問い合わせフォーム